へき地医療とデーターベース

  • 医療従事者に利用される様々なデーターベース

    • 現在、医療データーベースのソフトには様々なタイプが開発され、有料のものもありますが、無料でダウンロード可能なソフトも多くあります。
      例えば医療情報システム開発センターから入手した標準手術や、代表的な処置に関する情報を、即座に検索できるソフトがあり、関係者に喜ばれています。

      また、厚生労働省の診療報酬に関わる情報に特化したソフトもあり、使いやすいという評価を得ています。


      診断書類や電子カルテ、診療情報の提供書をまとめたファイルメーカーも人気があります。



      さらにデーターベースに関するソフトとしては、健康診断書や在宅医療に関する書類、過去の診断書などの検索が簡単に行えるタイプのソフトも開発されています。

      その他、各職場で効果的なヒヤリハット管理を行うソフトも、需要が高まっています。
      ソーシャルワーカーの活動記録に関するソフトもあり、福祉関係者を中心に利用されています。



      介護関連のデーターベースの開発も、近年、活発に進められています。


      また病院や学校では、従来は紙ベースで保管されていた様々なデータが、電子データとして保存されるようになっています。

      医薬品の総合データーベースに関しては、日本国内の医師や歯科医師、薬剤師などを対象にしたサイトがあり、オンライン上で利用できます。

      またそれらの情報以外に、最新情報をメールで届けるサービスも行われています。



      このサービスは薬局やドラッグストアなどで利用されており、好評です。

top